小さな子どもがいる家庭向け防災術

子どもの身を守る防災対策とは

子どもと学ぶ災害の予防と対策

話しが出来るくらいの子どもとの防災は、少しでも災害に対する知識を深める事も防災のひとつになります。 コミュニケーションをとり、普段の会話の中にも防災意識を深めるポイントはたくさんちりばめられています。 お子さんとたくさん会話をして、一緒に知識を深めていきましょう。

大人だけの時とは違う、小さな子供がいる時の防災グッズ

市販の防災リュックなどは、どう考えても大人の防災をメインに考えられている事が多いようです。 小さなお子さんがいる場合には、どのようなものをストックしておくと、いざという時に役立つのでしょうか。 意外と場所をとる防災関連グッズですから、本当に役立つものをしっかりと準備したいものです。

子どもを守るためには、まず知識を得よう

地震、洪水、台風など日本も年々たくさんの災害に見舞われています。
ここ数年で大災害もたくさん起きていますね。
近くで起きていない状態だと、なかなか自分に同様の災害が起きると考えることは困難かもしれません。
しかし、今の日本では災害が絶対に起きない場所はないと考えた方がよいでしょう。
どの地域でも地震が起きる可能性はありますし、大雨での災害もいつ自分の身に降りかかるかはわからないのです。

大人が自分の身を守る事とは大きく違った、小さな子どもの安全を守る為にはいったいどのような準備が必要なのでしょうか。

赤ちゃんや幼児がいる場合。
小学生の子どもがいる場合。
家族がある方は、自分の身を守る以前に子どもたちの安全がとても気がかりなのではないでしょうか。

では、小さな子どもの安全を確保する為に今から出来ることとはどのような事があるのでしょうか。
備えあれば患いなしということわざの通り、まずは今できる防災術を知りたいですよね。
地震が来た時にうろたえても遅いのです。
床上浸水になってから慌てても遅いのです。
その時になって慌てない為に、おとなの私たちがしっかりと準備をしておきたいものです。
といっても、では何から準備をしたらよいのかわからないというのが実際のところかもしれません。
師範の防災グッズを購入してみたとしても、子どもがいる家庭では十分と言えるのかどうか、といったように心配や疑問があふれてくるかもしれません。
本当に必要な事がどのような事なのか、守る立場としてしっかりと意識していきたいものです。

また、このような機会を通して、夫婦で話し合いながら、少し大きくなったお子さんがいらっしゃるのであれば、家族みんなで話し合いながら、防災対策について考える時間を作ってみる良い機会かもしれません。

部屋の見直しは最低限の災害対策

赤ちゃんが出来たら、まずは安全なお部屋かどうかの見直しをしてみましょう。 思ってもみないところに危ない箇所が隠れているかもしれません。 赤ちゃんがいる場合、災害時に自宅に赤ちゃんといるという事が多くあると思います。 大人の手が自分だけだったとしても、小さな命を守れるよう最低限の対策はしておきたいものです。

TOPへ戻る↑